老いはみんなに訪れるけど、成長は望む人にしか訪れません。
勉強しても勉強しても、まだまだ知らないことばかりです。しかし人生、時間、お金には制限があります。今日という日を、いまという時間を、存分に楽しみたいと思うのは、みんな同じです。
しかしいまを楽しむことと、好き勝手にするというのは違います。“いま”を大事にするためにも、先を考えないと・・・・と思います。

つい先日、私の父が他界しました。60歳で退職してからも、嘱託で5年、その後も地元の関係企業で働いていました。60を過ぎてから昔からしたかったという、ドラムをたたきはじめ、若い人にまじりライブなどもしていました。しかし去年、突然のがん宣告。新たな職場に移ろうとした時でしたが、治療のため断念せざるを得ませんでした。

病気になるまでは、まさに“いま”を楽しんでいました。運動はほとんどせず、食事にもあまり気をつかっていなかったようです。
「いままで好きなことをして、いっぱい楽しんだ」とは言え、
「仕事がしたい、ドラムをたたきたい」と最期は後悔していました。
悔いのない人生を送るためにも、健康は第一。運動、食事、休養をいまいちど見直してみませんか?

カラダ作り一生ものだからこそ、「人任せではなくセルフケア」が大切です。
マッサージや鍼、整体など人にしてもらうケアや癒しは、もちろん悪くはありませんが、やはり自分自身でケアできるようになるのが一番です。それが自分を知るきっかけにもなります。
あふれ出てくる情報に左右されない、自分を感じる力が見につきます。

何をしたら身体が痛むのか、また心地いいのか?
何を食べたら、飲んだら、調子が悪くなるのか、また体重が増えるのか。

知識がなければ教えてもらえばいい。病気、ケガにお医者さんがいるように、運動にはトレーナー、食事には栄養士、と専門家がいます。使えるものは、どんどん使いましょう。

PPK(ぴんぴんころり)
一度きりしかない人生を悔いなく過ごすためにも、
運動は日常です。つらくもないし、キツくもないし、面倒でもありません。
身体は運動を欲しています。動くと身体は心地いいはず。
そんな正しい運動、正しい健康の知識を、ぜひ自分の足で探して出してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。