トレーニングを行う上で考えて欲しいことは、目的を明確にしていくこと。
漠然とトレーニングすればよくなるんですよね?って人があまりにも多く、理解していないと間逆の効果のトレーニングを平気でしてしまって効果を相殺させてしまっています。

例えば走ること。大腿四頭筋(前モモ)もハムストリングス(後ろモモ)。前モモがブレーキ、後ろモモがアクセルと真逆の働きをしています。前モモばかり鍛えれば逆効果です。
例えばピッチングやパンチ。上腕二頭筋(力こぶ)と三頭筋(腕の裏、振袖ね)もアクセルとブレーキ。腕を伸ばすのに力こぶムッキムッキになる必要ありません。

トレーニングは薬と同じで、ある意味毒にも薬にもなります、正しい処方でなければ効果がないことや悪化してしまう事もありますので、注意が必要です。

鍛えれば強くなるというわけでもなく、バランスや可動域なども考慮しないといけないし、トータルマネジメントが必要になります。

なぜ、どうしてそのトレーニングが必要か? を考えて行うようにしましょう。

ダイエットにランニングは効果的? の話しは次回にでも。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。