冬は1年で一番痩せやすい季節!

厳しい寒さに耐えるため、身体の代謝は夏より上がっているのです。でも、寒いと体温を保とうとして脂肪を蓄えるという説もありますが……大丈夫!きちんと身体のメカニズムを知れば、そんな事態に陥らず、このチャンスにしっかり脂肪を落とすことができます。

一般的に痩せやすい印象の夏、太りやすく感じる冬、それぞれの気候によるライフスタイルの違いを見てみましょう。

・暑くて食欲が落ちる
・そうめんやゼリーなど、さっぱりしたものが多くなる
・アクティブになり、活動時間が長い
・水着やショートパンツなど露出が多い
・通常でも汗がでやすい

・寒さによって食欲が落ちることはない
・ラーメンやチョコレートなど、濃厚なものがおいしい
・寒くて動くのが億劫
・厚着になりボディラインに対する緊張感がない
・汗をかく機会が少なくなる

夏と冬を見比べてみると‥そう、冬に太る理由は圧倒的に外的要因が多いんです。
冬に太りやすいのは、あくまでも私たちの行動が原因であって、身体そのものの仕組みは、冬の方が痩せやすいのです。

夏と冬の痩せ方は、性質が違います。

夏の体重減少は、主に水分。一瞬スリムになったように見えますが、本当の意味での痩せとは異なります。
身体も熱くなっているし、痩せるような気がしてしまいますが、体温を下げるという行為は水分だけで行われ、根本的に脂肪とは関係ありません。

冬は、身体は自ずと脂肪を燃やす態勢になっているんですね。これを味方につけない手はありません。なぜなら身体を温めるには、脂肪というガソリンを燃やします!

私たちは脂肪イコール悪と捉えてしまいがちですが、脂肪とは本来、寒さから身体を守り、エネルギーとして熱を発生させる材料という役割を持っています。その機能がいかんなく発揮されるのが、冬なのです!
人間は何もしていない時でも、脳や内臓を動かすなどの生命の維持活動を行うだけで、基礎代謝というエネルギーを使っています。この基礎代謝に「体温を上げる」というミッションが加わる為、消費エネルギーが増加するわけです。寒い中で暑くなるくらい身体を動かせば、消費エネルギーは更に増えます。
脂肪は、一度冷えるとなかなか温まらないという性質があります。お腹やお尻、太もも等を触ってみると、他の部分よりひんやりしているのはそのため。それに加え、脂肪だけでは熱を発生させることができません。熱を発生させるのは筋肉で、その熱の材料が脂肪なのです。

そのため、少しの筋肉と多くの脂肪では、圧倒的に燃焼の力が足りず、なかなか身体を温めることができません。そこで筋肉が必要になります!
IMG_0298
冬は脂肪を溜め込みやすい季節…筋肉がないと脂肪が増えてしまう!怖!

さて、ここで出てくるのが、冒頭に記した「寒いと体温を保とうとして脂肪を蓄える」という説。実はこれも一理あります。筋肉のない人は、代謝の恩恵にあずかることが難しく、代わりに脂肪が増えるという事態に陥ります。脂肪が多いと、さらに脂肪を増やしてしまう…

筋肉量の多い人は、体温を上げることが比較的容易なので、下記のような好循環のサイクルになります。
しっかり体温を上げる
代謝を活性化することでエネルギーを使う
それによりまた熱量が放出される
脂肪が燃焼し続ける

しかし、熱生産してくれる筋肉が少ない人の場合、このような悪循環に陥ってしまうのです。

体温が上がらない
基礎代謝が下がっていく
代謝が下がると体温が上げられない
脂肪で身体を守る

脂肪は身体を温めることはできませんが、強力な保温効果で放熱を防ぐ機能があります。少ない筋肉で作ったわずかな熱を逃がさないよう、脂肪で覆って寒さから守ろう、という方向にシフトチェンジされてしまうのです。
これが、冬に脂肪がついてしまうパターン。

筋肉が多い人は太りにくく、少ない人は太りやすくなるのは、このような理由があったのです。
寒さの厳しい冬。食事を抜いたり、野菜だけ!など、ハードな方法は禁物です。そういったダイエットは、栄養バランスが崩れ、一気に体温を下げてしまいます。
そうすると風邪をひいてしまったり、生理のリズムが狂ったり抵抗力が落ちて、インフルエンザなどのウィルスにも感染しやすくなります。
毎日少しでもいいので筋肉トレーニングやストレッチングなどで身体をあたため、健康的に冬を乗り越えましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。