スポーツシーンで「感覚」と言う言葉が使われている。
「感覚でプレーしている」とか、「感覚が優れている」などはよく耳にする事があるし、「勘が良い」や、「当て勘」など「勘」という意味合いで使っているのではないかと思います。
では実際に「感覚」という言葉の意味は?

言葉では説明できない部分をすべて「感覚」という言葉に押し込めて、挙上重量や関節可動域等の数値であらわせられる部分で能力を判断します。
「関節可動域が拡大して、筋力が増加すればスポーツパフォーマンスは向上する」というように。

動作における「感覚」とは、①嗅覚、②味覚、③触覚、④聴覚、⑤視覚の5つで構成される「五感」と、身体の揺れや回転、地球の重力を感知する「平衡感覚」、筋肉や関節に存在する感覚器によって姿勢や空間における位置を知覚する「固有覚」の7つの感覚に心理状況や記憶等が統合されて発現するものだと考えられます。

特にダイナミックな身体運動においては触覚と視覚、そして平衡感覚と固有覚の統合が重要になります。
中でも触覚は見落とされる事が多いが、触覚情報の適切な入力が固有覚の適切な働きの土台となるため、円滑な運動を行うには不可欠となります。
触覚と固有覚の関連は簡単に体感できます。
①裸足で目を閉じて片足立ち
②靴下を履いて目を閉じて片足立ち
③テーピングを足底に貼り付けて目を閉じて片足立ち

の3パターンを実施して、下腿の筋の緊張を比較してみます。
おそらく②と③では、①と全く同じ片足立ちという運動をしているにも関わらず、下腿の筋肉の緊張が高まる事を感じられるはずです。
②と③では、靴下やテーピングにより足底の触覚が遮断されます。損なわれた触覚を補うために下腿の筋緊張を高め、固有覚による感覚入力を増加させています。

足関節背屈可動域低下はスポーツの現場ではよく知られた可動域障害だが、この一因は過剰なテーピングやサポート効果の高いシューズ等による足底への触覚入力の減少にあると考えられます。
下腿の過剰な筋緊張の抑制を試みる場合、ストレッチングやマッサージが行われる事が多いですが、そもそもの原因である足底への触覚入力の低下にアプローチしない限り根本的な解決は難しいでしょう。
また、足の内在筋群が機能低下し足アーチの構造が破綻するいわゆる扁平足障害も、足底への触覚入力の減少が一因。タオルギャザーやゴムバンドを用いた足指運動により扁平足障害の予防や改善を試みる光景はよく目にしますが、多くの場合に目覚ましい効果は期待できません。扁平足障害の一因となる足内在筋群の機能低下の背景には足底への触覚入力の低下が存在しているから。「筋肉を鍛える」のではなく「触覚を鍛える」事の方が重要です。メカノレセプターです。
「関節可動域の減少」や「筋力の低下」といったように、定量化できる事象だけを要素還元して得られた結果だけに目を向けてしまうと、様々な因子が絡み合い発生するヒトの有機的な質を見失ってしまいがちです。

筋肉の収縮を意識する事が大切だと言うのであれば、それと同じように「感覚を感じる」事の重要性に目を向けるべき。あらゆる運動は自己と外界の関わりの中に成立しますが、「感覚を感じる」からこそ自己を感じ、自己を感じるからこそ外界を感じるのだ。 
目を閉じて自身の身体を感じる事や、自然の中で音や風を感じる事、裸足で土の上を歩く等、「自分を感じる」時間、走る、登る、ぶら下がるなど自然で遊ぶ時間を作ってみてはいかがでしょうか?

自分は自分でしか感じられません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。