糖尿病予防には筋肉も重要なことがわかってきたという記事があります。
順天堂大学大学院医学系研究科代謝内分泌内科学が114人の日本人を対象に調べた研究によると、太っていなくても高血圧、高血糖、脂質異常症のどれかひとつでもある人は、太った高リスクの人と同じくらい、筋肉の「インスリン抵抗性」があることがわかったそうです(「健康寿命をのばす“超簡単”筋トレ」週刊文春2017年1月19日号)。

これは、太っていなくても筋肉の質が低下している人は、糖尿病を発症するリスクが高まるということ。つまり、運動不足が続くと血糖をコントロールするホルモン「インスリン」の効きが悪くなり、筋肉が血中のブドウ糖をうまく取り込めなくなるのです。 

通常、糖尿病を始めとするメタボリックシンドローム(メタボ)は、腸のまわりにつく内臓脂肪が元凶とされています。ところが、日本人を含むアジア人では、やせているのに糖尿病になる人が多く、その理由がよくわかっていませんでした。ですが、もしかするとやせた筋肉の代わりに脂肪がついた状態である「脂肪筋」が、太っていなくても糖尿病になる大きな要因になっている可能性があるのです。

実際、糖尿病の患者さんにスクワットなどのトレーニングを指導し、持続できた患者さんの中には、薬が要らなくなるほど病状が改善する人もいるそうです。
血中のブドウ糖の約8割は、筋肉で処理されています。ですから、筋トレをすれば高血糖が改善するのは、当然なのかもしれません。

筋肉は高齢になっても大切。下肢の筋肉が衰えると転倒のリスクが高まります。高齢者の転倒は、大腿骨などの骨折につながり、寝たきりの原因になるので、予防しなければいけません。歩くスピードか遅くなってきたら黄色信号。生涯にわたって筋肉を衰えさせないようにする必要があるのです。

といっても、健康を維持するだけなら、厳しい筋トレは必要ありません。日常的に体を動かす、歩く、階段を使うように心がけ、週に3回ぐらいの負荷をかけたスクワットなどの筋肉トレーニングをすれば十分です。負荷は重すぎず、5〜10回できる重さ。あとは筋肉にマンネリだと思われはいよう、スピードやスタンスで刺激を加えるといいでしょう。重さを求めてケガをしては元も子もありませんから。

下記リンクをご参照ください。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00001385-bunshun-life&p=1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。