寒い日が続きます。
カラダ、縮こまっていませんか?
背中、肩、まるまっていませんか?

「老化は背中から」

と言われます。背骨は人間の骨格の中でも最も老化が早く、20歳を過ぎると老化していくと言われています。
縮こまったカラダだと背骨は動きづらいです。老化ロードまっしぐです。
姿勢はもちろん、腰、肩のはりだけでなく、内臓のトラブルや背中のハミ肉、また自律神経、気の落ち込み、など感情にも深いつながりのある、我らの大黒柱、背骨。大事にしていますか?

身体は重力に負けまいと、背骨を安定させるために背骨まわりの筋肉を働かせます。だから首や肩がこる、腰が痛いなどの不調が起こりやすくなります。
また背骨からは内臓につながる神経も出入りしているため、内臓の不調、胃もたれや便秘、冷え性などを引き起こす原因にもなります。

背骨は健康のバロメーター。背骨の仕組みや役割を知り、正しく動かしていくとで、自らの手で健康を引き寄せることができます。

体幹固めては背骨はしなやかには動きません。
足場ガッチリ、コンクリで固めた剛の建物。
衝撃を和らげる、耐震構造の効いた柔の建物。
どちらが強いかは分かりますよね。
IMG_0338
背骨はS字カーブを描いています。正しく積み重なった健康な背骨は、歩くときの振動や外部からの衝撃を吸収してくれます。一方、骨盤が傾くなどして自然なカーブが失われていると、力を吸収できず崩れやすくなります。

背骨は、我らが富山、五箇山のこきりこ節で使う、ささらのようなもの。ひとつひとつの骨、椎骨の間に適度なスペースがあり、しなやかに動くことで美しい姿を作ります。
IMG_0364
フォームローラーやストレッチーズという伸縮する柔らかな布を用いて、まずは自分の背骨の動きを感じます。まずムチのようにしならせます。動くところが動いて、入るべきところに力が入るのが理想です。
img_0643
ほかには、雲梯でぶら下がり&肩甲骨の上下運動すると全身スッキリします。
img_0260

歪み? どーでもいいです。まずは動かせることが大事です。
柔らかく強い、しなかやかな背骨を作りましょう。
背骨を動かすと、いいことしかありません!
背骨の動きは美しく、美しい背中は健康&綺麗を作ります!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。