空中ヨガ、空中トレーニング…
TRXやエアリアル、シルクサスペンションなどのサスペンショントレーニングご存知ですか?

天井や壁から吊るした器具を用いて重力や自分の体重を利用するトレーニングのこと。マシンやバーベルなどのウェイトトレーニングは個別にひとつの筋肉を鍛えるものが多いですが、サスペンショントレーニングほひとつのエクササイズで多くの関節や筋肉を同時に鍛えることができます。また不安定な状況で姿勢をキープすることで通常のトレーニングでは使わない細かい筋肉まで刺激。体幹、バランスの強化につながる=全身のトレーニングが可能で筋力アップと心肺系機能改善にもつながります。
アスリートから筋力の弱い女性、リハビリまで。筋力アップはもちろん、ヨガ、ピラティス、ストレッチまで幅広く使えるのも魅力のひとつです。
E3C0CEF4-498C-4553-A1CC-E4BB7012CB11

68CF8814-F95A-4A99-B238-78C882109532

C2F14B1E-59C8-4D4E-84F9-C5B3E6C81F9A

23594CB0-600D-44F9-9EA0-59204D98652E

97EA6FA6-C4EE-403C-A7ED-FF5DC2CACDE7

1E0F4635-792B-4C76-8FAE-07781FE0F0D1

41A893EA-6506-4214-AFB6-8DC0B40AE735
最近多くのスポーツクラブやジムの多くでこれらサスペンショントレーニングが選ばれるのは

1.とにかく楽しく、爽快感がある
2.負荷の調整が簡単で初心者からアスリートまで幅広く利用できる
3.通常のトレーニングでは意識できない筋肉を刺激できる
4.体幹はもちろん、鍛えにくい背面のトレーニングに最適
5.肩こり解消、姿勢改善効果が高い。

施術や治療をしてもすぐに元に戻ってしまうことがあるのは、自分のカラダの動かし方のクセに問題があると考えられます。そこで自分の動きのクセ、エラーを修正し、動き、筋肉でカラダを整えられれば、不調の改善や怪我の予防にもつながります。
サスペンショントレーニングはこの効果も高い。
当ジムではTRX、シルクサスペンションに加え、ゴムチューブも使います。負荷、抵抗に加え、ゴムチューブほカラダのサポートもしてくれ、カラダの動きだけでなく感覚も高めてくれる優れものです。

何でもそうですが、反対派はデメリットを探そうとします。はい、確証バイアスね。トレーニングを嫌う人はその理由を探します。が、それをポジティブワードに変えると…

疲れる。→日常生活で疲れににくくなる
ツラい→心地いい→よく寝られる→睡眠の質が上がる。
時間がない→まとめて60分一括でも5分×12回分割でも効果は同じ。スキマ運動を!
クスリ、サプリがある→根本的な解決にならない。クスリに頼らずハイになれる!

春ららら♬
楽しく効果的なサスペンショントレーニングはじめませんか?

Body Mind Restoration ココロと身体のレストア屋
パーソナルトレーニングstudio BMR&Co.

トップページ


076-464-5596

#ファンクショナルサーキット
#サスペンショントレーニング
お腹引締めメリハリボディ #シルクサスペンション #美脚美尻 #ダイエット #アンチエイジング #bfrt #加圧 #オフトレーニング
#内臓から美人に #骨盤ダイエット
#ファンクショナルトレーニング #TRX #ケトルベル #ヨガ #ピラティス #ストレッチ #ストレッチーズ #自走式トレッドミル #Sドライブ #bfrウォーキング #bfrファイティング #キックボクシング #ビジョントレーニング #富山 #パーソナルトレーニング #うんてい #うんていトレーニング #ゴムチューブ #バンジートレーニング
@ Toyama, Toyama

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。