重力の中に生きている私たち。

二足歩行の生活をしていますから、その重力に負けていき、血液や内臓、脂肪が下にさがっていきます。姿勢が悪く、骨盤が後傾気味の人はその傾向が強くなってきます。
さらにデスクワークや車の運転、電車移動などで座っている時間やあまり動かない時間が長い現代の生活では、関節も詰まり気味になってしまいます。我々は関節というすき間があるからこそ、首が、腕が、脚が曲がり、また後ろへも振り向けます。そのすき間が小さくなってくると、可動域も少なくなってしまいます。

そこで逆立ちです。
逆立ちできますか?
小さいころは簡単にできていたのに・・・という人も多いのでは?

逆立ちがもたらす健康効果をいくつか見ていきましょう。

●脳の活性化
頭が心臓より下にくることにより、普段よりも脳に血液を送り、それと一緒に栄養と酸素も送り届けられ、脳が活性化されます。考えが行き詰まったとき、もやもや、イライラしたときに逆立ちすると、すっきりリセットされるかも?
また脳梗塞、脳溢血、野貧血の予防になるとも言われています。

●肩コリ、腰痛、頭痛の改善
5kg近くある頭を支えている首や肩、そして上半身を支える腰の負担は大きい。ストレートネックや猫背、そり腰など、悪い姿勢でいるとその負担はさらに大きくなっていきます。逆立ちをすることで、その負担となっている個所の筋肉をス重力で伸ばし、ほぐす効果が期待できます。全身の血流がよくなることも改善の要因です。

●リラックス効果
脳の活性化とともに、自律神経の働きも良くなります。ストレスなどで交感神経優位になっている状態から、副交感神経とのバランスが取れるようになってきます。同時に筋肉の張りが取れることもあり、全身の疲労回復、リラックス効果も期待できます。自律神経が整うと、うつや不眠症といった精神的な要因からくる症状の予防、改善にもつながります。

●便秘改善・美容効果
下にさがった内臓を正しい位置に戻すことができ、内臓の血流やリンパの流れが良くなります。基礎代謝の40%近くは内臓の働きです。ちなみに脳が19%、筋肉18%。逆立ちにより脳も活性化されるので、結果、基礎代謝の働きがアップ。痩せやすい体質になっていきます。そのほかにもくすみやシワの原因となる血行不良も改善しるので、美肌効果も期待できます。
また腸が上に動き本来の場所に引き戻されると同時に、まわりの内臓の圧迫かから解放されるその働きが活性化され便が出やすくなることも。
img_0734

いいことずくめ! すぐやりたくなりまね(笑)
だからといって長時間しても逆効果。1回長くても1分で、1日3回もすれば十分。もちろん、1回でも効果は期待できます。
ひとりで出来る人は筋力アップともにバランス感覚も養われます。
ひとりでできなくても、脚を持ってもらったり、壁を使う、三角倒立、肩立ちのポーズでも同じような効果が得られます。
当studioではシルクサスペンションを使って行えます

また高血圧傾向にある人や動脈硬化の人、妊娠中の人などは、状態によっては危険をともなうケースもあるので、必ず医師に相談してください。

またむかし流行った「ぶらさがり健康器」もその健康効果は高い。
img_0435
ぶら下がって重力を使って体全体を伸ばしてあげると、デスクワークなどで詰まり気味な関節が伸び、可動域が広がります。身体とともに筋肉が伸ばされるので猫背など姿勢の改善のほか、肩コリや腰痛の予防、改善にも効果があります。

一見すると腕にばかり負担がかかっているように思われますが、上半身の筋肉もかなり使います。脇腹あたり腹横筋や斜腹筋に刺激がくわわるため、くびれ作りにも最適です。
ぶら下がっているだけでも効果がありますが、懸垂、脚を交差させうる、膝を曲げてあげる、肩を回すなど、加えると運動効果が高まります。
当studioにはモンキバ―、ウンテイがあります。いい運動になりますよ。

ぶらさがり健康器、いつの間にか物干し台・・・・なっていませんか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。